読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少しだけ、少しだけ、大人になるのが怖い年頃。

シンガポールは物価が高い」

f:id:kazukiyo0427:20160714225951j:image
ずっとそう聞いていたので、さささっと
抜ける予定であった。

しかし箱を開けてみると、
土地代は高い。人件費も高い。
しかし、食費や物価はそれなり。

むしろ食費の方はかなりお安めであった。
これは驚いた。

 

f:id:kazukiyo0427:20160714225910j:image

このカレーで5ドル(350円くらい)
しかも、色々食べれて楽しい美味しい。

 

”人件費を見たいなら、マッサージ屋に行け”
って思うね。ぼくは。または美容院かな!

フィリピンが1時間300ペソ(600円弱)に対して、シンガポールは1時間 4000SGD(3000円くらい)で、まぁ日本よりは安いけど、人件費は掛かるよねそりゃね。でもタクシーはすごい安いんだよねー!

 

そんな感じだ。

 

あとは、地下鉄がすごく便利。
日本では僕らは既に慣れてしまっているが、外国人にとって大変だろうな。

f:id:kazukiyo0427:20160714230256j:image

シンガポールの地下鉄は色ごとに路線があって、かわいくてシンプル。

 

まぁ僕は色盲なんで、色の区別がハッキリ付かないから苦労したけど!笑

 

知ってる人は知ってるけど、色盲なんです。でもね、小学生の頃から美術の先生に「清澤は他の人と違う色を使うからいいなぁ」ってよく褒められてました!

 

ほらね!短所も見方を変えれば長所だし、
逆風も振り返れば追い風に変わるわけ!(ポジティブすぎ?笑)

f:id:kazukiyo0427:20160714230324j:image


...当初、フィリピンに行く前(4ヶ月前)に立てたスケジュールによると、”ユニバーサルスタジオシンガポール”に行く予定だったが、

 

なんだか、急にテーマパークに魅力を感じなくなり、行くのをやめた。

 

この感覚は少し不思議だ。

だって日本にもいた頃は、ひと月に1度ペースでディズニーランドに行っていた僕が、このシンガポールが推しまくってる”USS”に行く気になれなかった。

 

「ここはまたすぐ来れそうだな。」
なんて思ったりして。


なんだか、気付かないところで僕は”大人”という変な生き物に近付いてるのだろうか。

というか、大人なのだろうか。


20歳を超えると”大人”に分類分けされるが、
そんな話をしているのではない。

 

精神的な、内面的な、話をしている。

 

個人的に”大人”ってのは、常識を被った子供。だと思っていて、それはすごく素晴らしいことなんだけど、

 

時に”大人”は非常に疲れる。
(大人に関して、知りたい方は星の王子さまを”もう1度”読んでみるといい。)

 

USSに行く気になれなかった、なれなくなってしまった僕は、少し大人になっているのだろうか?

 

これだけで判断するのは浅はかだが、そうなのか?ただ飽きただけ?でも、また来れそうだし。って考えは大人みたいだ。

f:id:kazukiyo0427:20160714230445j:image

まだまだ大人になりたくない。

 

僕がこの歳で、大学4年生で、旅を決意したのは、”大人”になる前にしたかったから。
特に”今しか出来ないから”ってことが大きい。


大人になって、家族を持って、そのとき
”世界一周したい。自由になりたい。”なんて思っても、出来ない可能性の方が大きいし、
したとして、必ず迷惑を掛ける誰かがいる。
家族を持ったら、家族を第1に考えたい。


迷惑を掛けることは、なるだけしたくない。
奥さんに寂しい思いを、子供に寂しい思いを、
させるのはまっぴらごめんだ。

f:id:kazukiyo0427:20160714230530j:image
だから、大人になる前に、今。
旅を通じて、僕の器を大きくしたいし、
”世界”をこの体で感じたい。

今回みたいな感覚は、あまり味わいたくないが、時が経つにつれて、興味の向く方向や夢が変わるのは確かだ。

 

小学生の頃はスキー選手になりたかった。
ワールドカップに出たかった。

今は”世界”を自分の肌で感じてみたい。
結婚して子供を持ったら、きっと家族を第1に考える。

 

とにかく今は手探りで良いと思う。

 

それが将来役に立つかなんて分からないけど、
”世の中に無駄なことなんて何ひとつないから”

今は進むのみ。進んでみようと心がけるのみ。
行動あるのみ。経験こそが人生だ。

今日は人生で1番若い日、なんだって始められるはず。

 

よし。今日もいい夢見るぞ。

f:id:kazukiyo0427:20160714230549j:image

 

f:id:kazukiyo0427:20160714230601j:image

 

f:id:kazukiyo0427:20160714230614j:image

 

バックパッカー向けのゲストハウス。

男女兼用8人部屋。久々に泊まったなー。

京都に自転車で無謀な旅に出たとき泊まったっけ。懐かしい。