読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスで寝過ごし終点へ〜そして最後のAJメモ〜

気付くと降りるはずであったバス停をとうに過ぎていた。

この言い方をすると、まるで自分で気づいたかのように聞こえるが、
実際には隣に座っていたマレーシア人に尋ねたのだ。

 

バスから飛び降りようとすると、
英語ではない言語で止められたので、降りるのをやめた。

 

よく聞くと、終点まで行ってそこから戻ってくるのが得策だ。とのことだった。

 

そのままバスに乗り、話に聞いていた終点に着いた。


「ふぅ、このままバスに乗っていればいいのか。次は気をつけなきゃな」くらいに思っていると、

 

バスの運転手に怒鳴られ、指でくいくいっと出口の方を指差された。


「...は?」


一瞬の沈黙の後、僕は運転手にどこに行きたいのか尋ねたが、英語が伝わらず

「とりあえず出ろ!」と言われた気がしたので、バスを降りると、

f:id:kazukiyo0427:20160721182509j:image

 

そこは廃車になり、かつタイヤが盗まれている車や、ボロボロの家(スラムに近い)の集結する団地であった。

 

目の前のバス停には小さな明かりがひとつと、錆臭いベンチ。

 

すると突然、謎の背の高い黒人が現れ
「何語が話せるんだ?」と一生懸命な英語で話しかけてきた。

 

「少し英語と、日本語。」と話すと、

 

まいったなという様子でこちらを見た。

 

最後まで彼が何の目的でバス停付近にいたか分からずじまいだが、とても重要なことを僕に教えてくれた。

 

「この付近はマレーシアでも危ない場所だ。強盗がしょっちゅう起こる。タクシーを探して帰りなさい」と。

 

急にこの辺りが恐ろしくなった。


たしかに道にたむろしている人や、


建物の壁、全てが灰色で薄汚れていた。

 

マレーシアのタクシーはぼったくりが酷いので、乗るのは大嫌いだ。

 

だがしょうがない。命が第1だ。


しかし、この付近でタクシーを捕まえることが出来ず、しぶしぶ最後11:00PMのバスに乗ることに。この時10:30PM。そしてiphoneの電池も切れている。

 

バス停に戻ると、あの錆臭いベンチに1人の女性が座っていた。50代くらいだろうか。


僕が隣にいることも関係なく”ヒンドゥー教”のお経を唱えていた。

 

右下の影には、日本の2.3倍サイズのどす黒いゴキブリ。聞いたことのないお経。

 

バス停の前を通る人はこちらをじっと見ている。

消えたり付いたりする小さな明かり。

幼い頃のまるで”トラウマ”のような恐怖がそこにあった。

 

...この内容は、その時の恐怖を紛らわせるためにバス停で書いた内容だ。

 

その後、終バスが来ると、僕は安心しきって

(ふぅ)と、小さく息を吐きながらAJの家へ向かった。

 

f:id:kazukiyo0427:20160721182800j:image

この時のAJの顔ほど、僕にとって仏であるものはなかった。

 

結局、ペトロナスツインタワーを20:00頃に

離れたのに、家に着いたのは12時手前だった。

 

AJと過ごす、最後の夜だ。

f:id:kazukiyo0427:20160721183021j:image

相変わらず、彼の家は明るい。

 

 AJは最後に「またいつでも戻ってこい。KEIがこの旅を通して成長していくのが楽しみだよ」と話してくれた。

 

...そして次はマレーシアの”ペナン島”に向かうといいと、僕に再び「AJメモ」を渡した。

 

f:id:kazukiyo0427:20160721183220j:image