読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハングオーバーⅡ〜見ず知らずの外人の家に着いて行く〜

見ず知らずの外国でハングオーバーし、1人で道に迷うこと30分。(ぶっちゃけ記憶ない)

 

f:id:kazukiyo0427:20160801153526j:image

 

みんなと別れたあと、自分がどこにいるのか、

どこがゲストハウスなのか完璧に分からない。

 

雨がしとしとと降っていて、夜道は一層に暗く感じた。

 

フィリピン留学時、スピーチコンテストで優勝した日の夜。確かあの日も、これくらい飲んだっけ。

僕は”テキーラ”に弱いみたいだ。数杯ショットしたら、すぐテンション上がってしまう。

あの夜は、セブシティを上裸で1時間ほど散歩し、モーターサイクルバイクの運転手に絡みまくって、最終的に踏切でリンボーダンス。楽しい夜でした。

 

...普段はそんなことないんだよ(´・_・`)

ただ、”テキーラ”に弱いだけ。

f:id:kazukiyo0427:20160801161615j:image

 

まぁ僕の酔っ払いタイプは(自分で言うのもなんだけど)  ただ ”めんどくさい”      だけ(笑)

 

たまに金曜日の渋谷。終電近くになると、

駅でぶっ倒れて寝てるおっちゃんいるじゃん?

 

あれ見るとさー、

 

 

「どうした?」っていっつも思う。

俺ら大学生が金曜日の夜に騒いで、飲んでって、しても、あぁはならないぜ?笑

 

どんだけ飲んでんのそれ?

 

「なーんで持ってんのっ?なーんで持ってんの?」みたいな寒いコールとかしてるわけ?笑

 

そして、周りのやつ。大学生よりも無責任か。笑(大学生より無責任って相当だよそれ笑)

みんな最後まで看病するよ?ふつう。

 

相当”闇”を抱えていると思います。都会のサラリーマン。

 

話をジョージタウンの夜に戻すと、

 

路頭に迷っている僕の目の前に、1人の謎の男が現れた。

60代後半だろうか。白髪のよく似合う大きな外国人だ。彼も酔っ払っていた。

事情を話すと、「お前は家に帰れない!今夜はウチに泊まれ!」と見ず知らずの酔っ払いに言われた。

 

普通の日本人なら、タクシーを捕まえて意地でも帰るだろう。でも、僕は彼の名前を聞く前にすっかり彼を信頼していた。

 

「よし!行くわ!俺の名前はケイ!世界一周してんだ!」(まるで少年漫画の自己紹介)

 

と、先に自己紹介し、話しながら歩いた。

彼の名はパトリックという。

f:id:kazukiyo0427:20160801155316j:image 

アメリカのボストンに住んでいたそうで、

今は芸術の街、”ジョージタウン”でアートの勉強をしている。アーティストだ。

 

雨が強くなってきて、足早に彼の家に向かうと、そこにはたくさんの絵が。

アートが好きな僕は入った瞬間から、目をキラキラさせながら、そこにある絵を眺めていた。

 

すると後ろの方で、

「ガチャン」と大きな鎖の鍵が硬く閉められる音が聞こえた。

 

「まさかね...」なんて少し不安が過ぎり、史上最悪の映画”ムカデ人間”を思い出した。あのクソ映画は一生見たくない。

 

2階にあがり、不安が強くなってきたので、僕はパトリックと話し続けた。

f:id:kazukiyo0427:20160801155824j:image

 

僕は強く言った。

「マジでゲイじゃねぇーんだよなァ!!?」

 

「もし俺の体を指一本でも触れてみろ!お前をぶっ殺して、明日タイに逃げてやるからなァーーッ!!!」

 

「...ねぇ、本当お願い。俺は世界中みんなを信じたいから、変なことしないで。(最後はめっちゃ弱気)」

 

するとパトリック。

「あぁ分かってる。俺はよく女を連れ込むが、男はケイが初めてだ。安心しろ。俺は悪い人じゃない。むしろ、お前は悪い奴じゃないよな?」

 

みたいな感じで会話をして、そこには少しの”信頼”が出来上がった。部屋が少しだけ明るくなった。

 

酔っ払い2人が会話をし終え、先シャワー浴びるよと服を脱ぐと、なんかパトリックめっちゃこっち見てる。

 

さっきまで、自分はゲイじゃないとあれほど言っていたパトリックと目が合い、

 

「何見てんの?ゲイなの?ねぇ、ゲイなの?パトリックもしかして、ゲイなの?」と、

ふざけて60代後半の男性をイジっていると、

 

 

「...あぁ!実は俺はゲイなんだ!!!」

と股間を大きくさせたパトリックが叫んだ。

f:id:kazukiyo0427:20160801155316j:image

俺が服を脱いでる姿を見て、股間を大きくさせたパトリック。隠せずに白状していた。なんのコメントも出てこん。

 

「でも俺は神に誓って、ケイの体には触れん!」

と言って、先にシャワーを浴びに行った。

 

”神に誓う”この言葉、クアラルンプールでも聞いたんだよな。頼むぞ。俺はこれ以上、地獄に落ちていく奴を見たくないからな。と、思ったあとに、

一生懸命ゲイを隠したあげく、白状したパトリックにじわじわきていた(笑)

 

アーティストにはゲイが多いという話をどこかで聞いたことがあるが、それはどうやら本当みたいだ。

 

その日は、パトリックとひとつのベッドで、

マジで何もなく寝た。

「どうして、ゲイなのに女の人を連れ込むの?」みたいな質問の回答を聞いているうちに、僕は寝てしまった。

 

次の日の朝、パトリックは「ここからまっすぐ行くとケイの宿だよ」というポイントまで僕を連れてってくれた。

 

マジで何もない夜だった。

もう一度言う。マジで何もない夜だった。