読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ・ハジャイからパンガン島へ〜目指せ!伝説のフルムーンパーティ!〜

今回、タイ・ハジャイ(ハートヤイ)→”フルムーンパーティ”の行われるコパンガン(パンガン)島を目指します。

f:id:kazukiyo0427:20160808120937j:image

 

昨夜、遅くまでジョンとその友人と飲んでいたので 朝早起きできるか心配だった。

起床6:00 ジョンの家は、ソンクラーンなので1時間ほどかけてまずは、ハジャイのバスターミナルへ。

 f:id:kazukiyo0427:20160809004931j:image

 

今回目指す、”パンガン島”。

f:id:kazukiyo0427:20160809004949p:image

タイの南に位置する小さな島だ。

海外で初めての船での離島を目指す。とゆーか、日本でもしたことがない。笑

 

 

 そうこうしているうちに、ハジャイのバスターミナルへ。ジョンは、車内で少しだけタイ語を教えてくれた。

f:id:kazukiyo0427:20160808121517j:image

 

f:id:kazukiyo0427:20160808122040j:image

 

ハジャイ→スラターニ(ドンサック港)→パンガン島。

バンと船込み込みで、530バーツ(1600円くらい)

 

リンキッドから”バーツ”へ

また通貨の単位が変わって、ややこしくなっていく。バスターミナルの売店で見つけた雑誌。

 

f:id:kazukiyo0427:20160809004039j:image

 初めて見た。イスラム教徒の雑誌かな?

そうか。”宗教”が違うと、もちろんこういうことだよね。

”宗教”ってさ、”価値観”や”ルール”でしかないのかな。その何が正しいとか、間違ってるとか置いといてね。

 

この世に良いこと/悪いことって一応の”ルール”がなかったら、もうメチャクチャだもんね。

そのルール/価値観が”宗教”から基づいてるってこと?

 

もうちょっと勉強してきますが、とりあえず この雑誌は僕のタイプじゃない。

 

f:id:kazukiyo0427:20160809004233j:image

 

僕はショートパンツの似合うアリアナグランデ”風”の子が好きなので、真逆ですね。はい(笑)

 

そして、久々のこんな感じのトイレ。

f:id:kazukiyo0427:20160809004708j:image

ナイスんち思い出すなぁ〜(フィリピンでホームステイした子)

ナイスには悪いが、今んとこナイスの家のトイレが1番衝撃的だったかな。

 

ここブログにないので、気になる方はTABIPPO.NET 見てください。

 

f:id:kazukiyo0427:20160809005046j:image

さて、猫を撫でてるジョンと別れ、バスへ乗り込む!じゃあね!ジョン!ありがとう!バンコク着いたら連絡するよ!!

 

「ケイさ〜ん サヨナラぁ!」ってジョンは最後まで親切な男だった。

 

f:id:kazukiyo0427:20160809005240j:image

相変わらず、バンは嫌いじゃない。

 

バンに揺られること、3時間ほど。

スラターニに到着だ。このバンは何も全員がパンガンを目指しているわけではないので、ちゃんとスラターニで降りて、その後 そのままドンサック港まで

連れてってもらうこと!ここ要注意!

 

f:id:kazukiyo0427:20160809005542j:image

 

と、偉そうに言うが、僕は再び

持ち前の”ビギナーズラック”と”人運”で隣に座り合わせた彼女に、最後までお世話になることになる。

 

彼女の名前は「オッ」

日本人からすると母音だけで、スゲェ名前だよね。彼女は、ナースで21歳。僕は初めての外国人の友達だそう。

彼女が教えてくれなければ、俺はフルムーンパーティには参加できなかっただろう(笑)

 

f:id:kazukiyo0427:20160809005844j:image

 

ドンサック港で1.5時間ほど待って、

目指すはパンガン島!

 

「フルムーンパーティ」...

マレーシアでお世話になったAJには、 かなり強めに、フルムーンパーティは気をつけろ!と言われていた。

レディーボーイ、ドラッグ、スリ、

他人からもらった物は絶対飲むな!と、話されていた。

...バンコクも同じだ!と。うわぁ、タイ入国すんのめっちゃ怖いやん...。

マジで、ここで世界一周完とかやだよ。気をつけよ。と、船に乗り込む時思い出した。

 

辺りを見渡すと、あまりにも「アジア」の光景ではなかった。そこには、数え切れないほどの白人バックパッカーがいた。

f:id:kazukiyo0427:20160809010237j:image

 

僕とオッ は、2人とも初めてのパンガン島。二人で力を合わせて目指すが、2人とも ”にぶい”。船に僕らが座る席はなかった。

 

f:id:kazukiyo0427:20160809010440j:image

 

そして、こんな感じで地べたに寝転がり他のバックパッカーと軽く話し、本を読んだ。

 

...うわぁ、旅人ぶってるぅ〜。

言われる前に、先に言っておきました。

そうなんです。旅人ぶってます。笑

 

f:id:kazukiyo0427:20160809010649j:image

2.3時間後。無事、パンガン島に到着!

ケイのバックパック背負ってみたいと、オッ。

 

その後、彼女の友達と合流するために港で2時間ほど待ってあげた(笑)

 

タイ...ここに来て、初めて”英語圏”から離れた。オッ は、それなりに英語が話せるが(でも一生懸命伝えないと理解されない) 60%くらいの人が英語を話せない。

 

レストランの定員さんも、

チケット売り場のお兄さんも、

ケータイショップのお姉さんも、 

 

彼らはまるで、日本にいた頃の僕だった。

 

シンガポール、マレーシアと、英語が通じた。

 

フィリピン留学後、英語が話せるようになり、世界が広がったと思っていた。

 

すごく、変な感じ。

日本にいた頃の自分と接する感じ。話せない人と出会い、いつの間にか、第二言語が自分の中に”ある”と感じる感じ。

 

でも、元々英語が喋れなかったからこそ、省略形とか難しい言い回しとかせず、簡単な英語で伝える。

 

言語は、出来ない人=ダメ じゃなくて、

”伝えて”こそ意味がある。だから、優しく伝わるように話してあげる。

 

”コミュニケーションのキャッチボール”

 

 

そんなことを考えているうちに、オッの友達と合流。彼女らは、別のホステルへ。 

f:id:kazukiyo0427:20160809010927j:image 

 

僕はこの後ろのタクシー(この島ではこれがタクシー)に乗って、予約した宿へ。

この時ばかりは、150バーツ。決まってるみたい。

 

”フルムーンパーティ”は、この島の稼ぎどき!あと、”ハーフムーンパーティ”もあるみたい!

 

はてさて、噂の”フルムーンパーティ”!

前夜祭を含めクレイジーに踊り続ける3日間!次回、乞うご期待!