読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”バックパッカーの聖地”バンコク・カオサンロード〜実食!コオロギちゃん!〜

移動時間10時間以上。

ついに、バックパッカーの聖地「カオサンロード」に到着した。

f:id:kazukiyo0427:20160818235000j:image
これは、カオサンロード有名なマクドナルドの置物。

ここだけでなく、タイのマックのドナルドはみんな手を合わせている。

 

やはり”文化”って面白い。
フィリピンでは目上の人の手を額に当てて、挨拶し、
タイでは、両手を合わせお辞儀をする。

f:id:kazukiyo0427:20160818235429j:image

ちなみに、マックのメニューはこんな感じ。

”文化”も面白いけど、”マーケティング”も面白い。まず、日本じゃ売れないだろうなー。

 


こんにちはー!は「コップンクラーップ」
と、ジョンがバスの中で教えてくれたっけ。

女性名詞と男性名詞があるんだっけ。

最後に「カーッ」が女性名詞で、

最後に「クラーップ」が男性名詞。

 

f:id:kazukiyo0427:20160818235333j:image

言い忘れたが、リンキッドからバーツに変わって ”タイ”!!

(手前の紙幣に電話番号がメモられてる笑)

パーツの計算はだいたい日本円の3倍。1000バーツで3000円ちょいかな。

 

 

タイにはひと月ほど入る予定だ。(この時、タイの次はインドの予定だった...あんなことが起こるまでは...)


この日、”カオサンロード”の3つの顔を見ることになる。

 

f:id:kazukiyo0427:20160818235625j:image

まず、早朝!


誰もいないわけだ。俺は、”バックパッカーの聖地”って名前に惹かれてたわけで、


イメージとしてはかなり”シブい”バックパッカーが世界中から集まり、

どこが良かったか、どこが最高か、どこでこんなトラブルにあったか、

そんな話をしながら、マリファナ吸いながら、ビールを飲んで 「幸せ」ってなんなんだろうな。的な 話を交わす、世界中のバックパッカーの通り道。

 

ワンピースでいうと、シャボンディ諸島で12人の超新星が集まった感じ。そんな感じを想像していた。

 

まぁ、朝だ。誰もいないのは当然。

 

f:id:kazukiyo0427:20160818235717j:image
ちなみにバスが5時について、8時までマックにいた。かなり心細かったが、アルケミストを読んで心を落ち着かせた。


東京にいた頃は、ワンピースと高橋歩の本とビジネス本と都市伝説しか読まなかった僕は、
この旅で、初めて「小説」の良さを知る。

 

心が落ち着くし、ワクワクするし。
アルケミストは少年があるかどうか分からない宝物を運命に打ち勝ちながら、探しに行く話。

 

もう俺だよね。

 

って思いながら、すげー読んでた。

俺もそこにあるか分からない”宝物”を、探して現在カルフォルニアを目指してます。オススメです。


さて、お昼!
ようやく屋台が開き始め、観光客の姿もチラホラ。

f:id:kazukiyo0427:20160818235817j:image

やっぱり、白人が多いな。

そして、屋台は魅力的。

ニセモノブランド品だらけ屋台。

世界中の国旗のワッペンの屋台。

ヘナタトゥー。ドレッドヘア。マッサージの客引き。おみやげなどなど。

どの屋台も値段が提示されてないとこが、日本っていい国だなと再び感じさせる。

 

間違いなく、最初に言われた値段は3倍ほどの値段だ。ここには、たくさんの日本人も訪れるので、客引きも簡単な日本語、変な日本語を覚えている。

 

突然「アジノモト!」と言われたり、

「アリガト!オカモト!」と横で叫ばれたりする(笑)

 

物価は、マレーシアと同じですごく安い。

パンガン島は、島&パーティ期というのもあり、物価は高かったが、

f:id:kazukiyo0427:20160819000452j:image

バンコク初料理。パッタイ

これで30バーツ。100円もしないのだ。

 

f:id:kazukiyo0427:20160819000548j:image

 

そして、そして、カオサンロードの夜の顔!

カオサンロードといえば、夜。

f:id:kazukiyo0427:20160819000340j:image

 

ついに本性表したか!バンコク

どこからともなく現れるイケてる白人たち。

カオサンロードのバー、全開オープン!

 

バーというより、”クラブ”に近い。

爆音で音楽が掛かり、フルムーンパーティのようにその夜な酔いしれる。

f:id:kazukiyo0427:20160819000846j:image

 

この道、一本 クラブになっていて、どこでもビール、バケツカクテルが買える。

ほんと、行ったら分かるよカオサンロード。

ただのパーティアニマルの道。

 

俺がもとめていた”渋さ”なんてどこにもない。

 

f:id:kazukiyo0427:20160819001014j:image

 

けどな、、

 

 

楽しいんだこれが(笑)

 

想像してごらん。一本の道。

縁日みたいに行ったり来たり。

店ごとに爆音で音楽が掛かっていて、

気が合えばみんなでハイタッチ。

 

刺激を求めるなら、カオサンロード。

これは本当の話だ。

まぁ、相変わらずパーティーピーポーじゃない俺はすぐに飽きてしまう(笑)

 

 f:id:kazukiyo0427:20160819001500j:image

でね、カオサンロードでは

僕ら日本人が信じられないと思うけど、めっちゃ 虫のフライが売ってる。

 

f:id:kazukiyo0427:20160819001602j:image

 

うええええ!!

 

もう一度。

 

うええええええええええ!!!

 

f:id:kazukiyo0427:20160819001702j:image

それを食うエチオピア人。

サソリは食えないなぁ。

とりあえず、まぁ実食!

f:id:kazukiyo0427:20160819001804j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kazukiyo0427:20160819001836j:image

 

 

ノーコメント!

一生食わん!とだけ言っておこう! 笑

 

f:id:kazukiyo0427:20160819002034j:image

あと、勢い余って、ヘナタトゥーに挑戦!

ヘナタトゥーって最近 日本で有名になってきたけど、1〜2週間で消えるタトゥーのこと!色素?で、色が落ちないみたい!

 f:id:kazukiyo0427:20160819002228j:image

首に波のマークと。

 

f:id:kazukiyo0427:20160819002319j:image

 

腕にヤシの木のマーク。

これ、全然ヘナタトゥーっぽくなくて、この後こっちで出来た友達にめちゃ勘違いされる。

もちろんヘナタトゥーも、値段交渉で800バーツを300バーツまで値下げしました(笑)

 

 

やばい!やばいぞ!タイ・バンコク

初日から飛ばしすぎだぞ!

 

そして、だいぶブログが追いついてないぞ!次回、ざっと今までの話をリミックスします!!

 

とにかく虫は 一生 くわんっ!!!