読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DJ.Keiのバンコクremix2〜バンコクからピピ島・プーケット、再びバンコクへ〜

ちょっと、時差を減らすために(現在とブログとの時差)
再びバンコクをリミックスします!(好きな国ほど、楽しみすぎちゃってブログを書きそびれがち...記事は書いてるんだけどなぁ〜)


たたたたんっと、まとめていきます。


DJ.Keiのバンコクremixパート2

f:id:kazukiyo0427:20160827001812j:image


8月の頭、ヘラヘラのジョンに別れを告げ(ロングラック後もジョンの寮に住んでた)
ツカサがやって来て、ようやくバンコクを観光することに。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827001839j:image
ずっと、バンコク観光したかったんだけど、
出来てなくて(ワニの肉食べたくらい...TABIPPO見てね笑)
こちらに来て2週間?ようやく寺院巡りできることに。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827002058j:image
やっぱり、宗教的なものや歴史的な観光地に行くときは、事前に勉強しておく!
少し早起きして、「仏教」について勉強してから行くと感じるものが違う。


フィリピンでも、ちゃんと「キリスト教」について勉強してた僕はさらに価値観の少しずれた”ニホンジン”になっていた。

 

 

f:id:kazukiyo0427:20160827002017j:image

そんなバンコクトリップでも出会いはあって、
彼は歩きスマホ(地図見てた)僕たちに、

 

「この辺ではひったくりがよくあるから気をつけて!」と声をかけてくれた彼。

1番右のおっさんはトゥクトゥクドライバー。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827131523j:image
彼の勧めで水上マーケット→ウィークリーマーケットに行くことに。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827002128j:image

メモまでくれて、なんだかマレーシアで仲良くなったAJを思い出す。

 

やはり、旅とは「人との出会い」で成り立つ。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827002234p:image

その日の夜に、バンコクから陸路でひとまずクラビへ。ここまでの行き方もロングラックで、仲良くなったローズに教えてもらった。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827002336j:image

ツカサのバックパッカーデビューは、
「伝説の楽園」を目指してバンコクから17時間。(詳しい行き方についてもTABIPPO読んでください!)

 

f:id:kazukiyo0427:20160827002442j:image

ついに、ピピドン島へ!
夜行バスには慣れたは慣れたが、やっぱり体はバキバキになる。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827002518j:image

ここからが、TABIPPOの記事にない話なのだが、ローズの紹介でピピドン島のリゾートへ。

 

 

 f:id:kazukiyo0427:20160827131813j:image

そこでマネージャーをやっているオクトと仲良くなり 写真が撮れること、ライターをしていることを話すと、

 

「新しい部屋がオープンするんだ!

 

booking.comとかで写真が必要だから撮ってくれない?」


と、この旅初の撮影依頼。

 f:id:kazukiyo0427:20160827002924j:image

1番安い部屋でも1000バーツ以上するのに、2人で400バーツ、ツカサが帰った後は300バーツでこんなに綺麗な部屋に泊めさせてもらった。

 f:id:kazukiyo0427:20160827002947j:image

 

 

少しずつ、少しずつ、今まで趣味だったものに”価値”が付いてくる。


自分が好きなもので、

どうにか出来る?

出来そう?出来るかも!

 

と喜ぶ自分がいた。

 

 

カメラなんて、今まで1度も習ったことないし、


ただの”趣味”だった。でも、

継続って力だなって。本当に感じた。

 

 f:id:kazukiyo0427:20160827141444j:image

ツカサとは、ピピドン→モンキービーチ→ピピレイ→

f:id:kazukiyo0427:20160827141643j:image

「伝説の楽園」と呼ばれる”マヤベイ”

とアイランドホッピングし、夜は

将来の夢とか人生とか色々話した。

 

 f:id:kazukiyo0427:20160827141513j:image

こっちで友達になったD.C.に住んでいるアリサ。アジア系のネイティヴの話す英語って、なんでこんなに分かりやすいのかな??

 

D.C.に来た時は連絡してと、クールな彼女であった。

 

ツカサは、バンコクからの帰国のチケットを持っていたので、スケジュールのない僕とはピピドン島でお別れ。アリサとプーケットに旅立っていった。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827141758j:image

またね!ツカサ!次は12/31にニューヨークタイムズスクエアかな?
それまでにもっと、もっと、どんな困難にも立ち向えるcomfortable で、器のでかい男になっておくよ!

 

 f:id:kazukiyo0427:20160827141934j:image

ツカサと別れ、久々の1人部屋で、
綺麗な海を満喫。リラックスリラック〜ス。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827141839j:image

ピピ島は猫だらけで、可愛いったらありゃしない。

 

とはいえ、島は物価が高いので1泊して僕もプーケットへ向かうことに。ありがとうオクト!

 


ぜひ、ピピドン島に訪れた際は、「Phi phi cozy seafront resort」へ!

f:id:kazukiyo0427:20160827142234j:image

僕が撮った写真が使われているはずです!

 

 

プーケットまでは、450バーツだった。
船での移動もなんとなく、慣れている自分がいて、旅してるなーって感じた。

 

プーケットに着くと(これはどこでもそうだけど)バイクタクシーの運転手がずらりと並んでいた。

 

距離を見たときのバーツのおおよその値段の感覚がその時の僕にはあったので、値段交渉もぼられずに済んだ。

 

 

今までは比較的、その夜泊まるであろう宿に、目星を付けていたが、安宿街まで行き自分の足で探す自分がいた。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827142345j:image

 

f:id:kazukiyo0427:20160827142413j:image

プーケットの街並みは、


以前訪れた世界遺産の街ペナン島ジョージタウンに似たものがあった。

 

僕がプーケットに寄った理由は、トラと寝ること!

 

f:id:kazukiyo0427:20160827142517j:image

僕の世界一周のテーマのひとつに、「実際に動物に触れてみる」というものがある。


今までも、ワニの上に乗ったり、ジンベエザメと泳いだり、蛇を首に巻いたりとしてきたが、
タイでの目的!トラと寝そべってきた。(タイガーキングダムの記事はTABIPPOで執筆予定)

 

f:id:kazukiyo0427:20160827142548j:image
小学生の頃、自然観察クラブに入っていた僕は、今となってはその鏡だ笑

あの頃の先生も喜んでるだろう。

 

 

さて、東南アジアを旅していると、どの街にも「ナイトマーケット」というものが存在する。
毎晩、竹下通りのような長く細い道にずらーっと小物が売られていて、人でごった返している。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827142628j:image

もちろんプーケットにも存在する。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827142654j:image

久々に食べたたこ焼き。
まぁ日本のたこ焼きには劣るが、美味しい美味しい。

f:id:kazukiyo0427:20160827142726j:image

なんと、寿司もある。これはダメ!笑

 

f:id:kazukiyo0427:20160827142802j:image

TOKYO!ここのナイトマーケットは、やたらと日本を推す。

 

日本の縁日を思い出して、少しだけ日本が恋しくなった。

 


旅をしていて、海外を見ていると、
より日本が分かってきて、
より日本が好きになる。

まぁ変なところもたくさん見えてくるけど、
腐っても故郷。日本は嫌いじゃない。

 


そしてこの日、プーケットでテロが起きる(別記事にて、執筆予定)...

 

その日は、サイレンの音で目が覚めた。
どうやらそう遠くない場所で同時多発テロが起きたらしい。僕の人生で1番近くで起こったテロだ。


色んな感情がぐるぐる回る。その日は宿から出ることはなかった。

 


...その日の夜、バンコク行きの夜行バスのチケットを購入。バンコクへ700バーツまでまけてもらってV.I.Pバスで戻った。

 

f:id:kazukiyo0427:20160827142936j:image

バンコクに戻るとホッとしている自分がいた。

”新バックパッカーの聖地”ロングラックへ。

 

「ただいま〜」と言うと、相変わらず

「おかえり〜」と返ってくる居心地のいい場所だ。

 

翌日 8/14 8:00 AM

その日、久々にバンコクでタイ人の友達と朝まで遊び、(マジでやましいことはしてないよ)

 

明け方、ロングラックに帰ってくると...

目の前にこれからカンボジアに行くという男性が。

 

見ず知らずの日本人男性に

「僕もついて行っていいっすか!?」と一言。

 

これが出会いが後に...

「生と死」についてよく知るキッカケになるとは、このとき思いもしなかった。

f:id:kazukiyo0427:20160827143858j:image