読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”外見”に勝る”内面”はない〜古びたタイフードのお店が教えてくれた「本質」とは〜

ピピ島で立ち寄ったタイフードのお店。


外見はボロボロで、お客もゼロ。
さらには、店の電気が付いていない。

 

 

最終的に、僕が食べ終わるまでのお客はゼロだった。

 

しかし”ライス無料”と、学生に嬉しい響きにつられ、1人で入店した。

 

 

注文したのは”グリーンカレー

 


ライスは2倍にして欲しいと頼んだ。

 

僕はグリーンカレーが大好きなので、マレーシアから幾度となく食べてきた。

 

注文から5分後。熱々のグリーンカレーが古びたのランチョンマットの上に出てきた。

 

どれどれ...と、ひとくちすすると、


驚いた。

 

程よいココナッツの風味、辛み、そして、贅沢にもチキンがたくさん入っていた。

 

今まで食べたグリーンカレーの中で1番美味しかった。


かなりオシャレなお店で食べたグリーンカレーもあった。

そこのグリーンカレーの何倍も美味しかった80バーツの薄暗い店で食べたカレー。

 

つまり何が言いたいのかというと、
「中身に勝る外見はない」ってことだ。

 

間違いなく外見は”良い”に越したことはない。


それは、”TOEICのスコア”であり、”お金”であるように。良いに越したことはない。

 

でも、ただ それだけだ。

 

”本質”ってものを、僕たち日本人、特には若者はよく見落としがちだと感じる。

 

 

「本当に大切なものとは?」

 

 

英語が本当に喋りたいなら、
TOEICのスコアよりも、コミュニケーションスキルということ、

 

幸せになりたいのならば、
お金よりも、時間だったり、愛だったりすること、

 

そして最後に、
結局、愛されるのは、”外見”よりも”中身”ということ。


間違いなく”外見”も大切だ。
しかしそれは”本質”ではない。

 


「”本質”を見抜ける人間がどうか、
世界はいつも僕らを試してくる。」

 

そう著者は感じ、店を後にした。

f:id:kazukiyo0427:20160828153943j:image