読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアで睡眠強盗!睡眠薬を盛られ起きた場所〜俺みたいになるな!しくじり談〜

ケンさんの誘われ、僕はトゥクトゥクに乗り自称イラン人の男とすぐに打ち解けた。

f:id:kazukiyo0427:20160829202144j:image

この真ん中で、顔を写したがらない彼。彼の名はアロマ。

イランから来たようでかなり酔っ払ってるように見えた。

 

飲み屋に着く前から、気前がよく、
見ず知らずの僕たちにかなり良くしてくれた。

 

この時、僕は”今までの出会い”もあり、なんの疑いもなかった。

 

飲み屋に着くと、彼のテンションはメーターを振り切っていた。僕らは、何度か乾杯を交わし、トムヤンクンを食べた。

 f:id:kazukiyo0427:20160829202533j:image

 f:id:kazukiyo0427:20160829202533j:image

 

 

...?
8:00 AM


気付くと、全く知らないホステルにいた。隣で眠るケンさん。状況が全く読めない僕。

 

ぶっちゃけ、この内容を書いてる今でさえ、あまり思い出せない。


記憶がないのに、二日酔いの感じがない。

 

何も思い出せない。本当になにも。

アロマもいなければ、トゥクトゥクで帰ってきた記憶もない。

 

 

とりあえず、ケンさんを起こした。
そして2人で慌てて外に飛び出た。

 

会話をこの時したのかな?覚えてない。

 

すると、ゲストハウスのオーナーが僕らを呼び止め、お金を請求した。

 

このとき、ようやく僕らの状況が読めた。

 


「睡眠強盗」だ。

 

 

 

ケンさんは財布まるごと。


僕は現金がない。

 

どこかのタイミングで薬を盛られ、金をパクられた。

 

旅行本に載ってる、伝統的な強盗だが、経験者の声を実際には聞いたことがない。ってやつ。だ。

 

まさか、自分が睡眠強盗の被害者になるとは。

 

とにかく、このときパニクっていた。

 


後々考えれば、宿の人たちに昨日の自分たちの様子を聞いたり、この時点で警察を呼んだりするべきだった。

 

とにかく、このときは従うしかなかった。

 


”何をすべきなのか”分からない人間は、従う他ない。

 

不幸中の幸い、僕は国際キャッシュカードを盗まれてなかったので、お金をおろして支払うことが出来た。

 

 

「やられた。」

 

 


感覚としては、テレビのコンセントをぶち抜いたような、本当にブツっと記憶がなくなった。

 

f:id:kazukiyo0427:20160829202804j:image

これは、ケンさんのケータイに入っていた奇跡的な写真。不意にとられたようでアロマもびっくり。

 

 

僕もケンさんもこんな感覚はないし、ケンさんは体育の先生だった。お酒で潰れたことはないという。

間違いなく薬を盛られた。

 

 f:id:kazukiyo0427:20160829202900j:image

とりあえず、ツーリストポリスへ。

 

初めての海外での警察署。


とにかく今の状況を話すことに。


こればっかりは、英語を勉強して来て良かったと心から感じた。

f:id:kazukiyo0427:20160829203103j:image

しかし、”動いてくれない”と有名なカンボジアの警察は、

 


「どこで飲んだかも分からない」


「なんの記憶もない。なんの情報もない。そんなお前らのために動くことは出来ない」

 

と言われた。

 

「まずは、そのバーを自分たちで探せ」とのこと。

 

 f:id:kazukiyo0427:20160829203451j:image

途方にくれた。日本の警察が、どれだけ優しいか、どれだけ親切か、改めて感じた。

 

とりあえず 宿に戻ることに。


なんせベンメリアに行くトゥクトゥクツアーを組んでしまっていたからだ。

 

今思い返すと、普通の人間じゃ考えられないだろうなと思う。


「睡眠強盗」にあった翌日、ツアーに行くという。

 

2人ともハプニングには焦ったが、旅慣れていたので、”過去を振り返らず”前だけまっすぐ見ることに慣れていた。

 

 


2時間ほど遅れてベンメリアへ。


シビアな話はここまでにして、
ここからは少しラフに話そう。

 

 

 f:id:kazukiyo0427:20160829203258j:image

 

「父さんは嘘つきじゃなかった!ラピュタは本物にあったんだ!」

 

f:id:kazukiyo0427:20160829203342j:image

 

中1のとき、合唱コンクールで歌った「君をのせて」を思い出した。コンクールがひどかったのも思い出した。

 

f:id:kazukiyo0427:20160829203413j:image

こんな呑気なことを言ってるが、2人とも薬がまだ聞いていて、立ちくらみも酷い(笑)

ベンメリアの近くには子供たちがいた。

 

f:id:kazukiyo0427:20160829203549j:image
これが日本の学生団体所属が口を揃えていう「カンボジアの子供たちの笑顔は、本当に素敵で、、」ってやつか。

 

 

すげぇ素敵。

 

f:id:kazukiyo0427:20160829203634j:image
こっちまで、シャボン玉が楽しくなってくる。

ケンさんは、現在 養護学校の先生をしている。

 

f:id:kazukiyo0427:20160829203659j:image

一見 怖そうな見た目からじゃ想像もつかないくらい、心の中が優しい。
優しいというか、優しくて優しくて仕方がない。

 

f:id:kazukiyo0427:20160829203730j:image
バックの中には、シャボン玉やオカリナ、折り紙やチェキなどが入っていて、写真を撮ってカンボジアの子達にあげるそう。

 

 

f:id:kazukiyo0427:20160829203851j:image
ケンさんのカンボジアに来た理由が、「子供たちの笑顔を見に来た」というのも納得できる。

 

 

僕らは、午前中は観光、


午後は”記憶が飛んだレストラン”を探すという日々が続いていた。

 

相変わらず、警察は動いてくれない。

 

そんなシェムリアップ3日目。

f:id:kazukiyo0427:20160829204225j:image

 

すべての「歯車」の1番でかい部分と、「偶然という名の必然」を僕は理解することになる。

f:id:kazukiyo0427:20160829204154j:image

この写真の謎は次のブログで...!

f:id:kazukiyo0427:20160829204326j:image