読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「世界の果てまで来て分かったこと」

ついに来た。サハラ砂漠

僕がいるこのモロッコという国は、僕の持っている世界地図(日本が中心になっている)で最西端に位置する。

気がつけば、僕は当時 夢見ていた”世界の果て”までやってきていた。

これまでの旅路で訪れた場所、出会った人々、
降りかかったハプニング、奇跡。
その日が遠い昔にも、つい最近にも思える奇妙な感覚だ。

ラクダに揺られて向かうは、永遠と続く砂山。
”砂山”と言えば一見 大したことのないように聞こえるが、そこにあるのは、紛れもない”砂漠”。

サハラ砂漠

まるで絵画に描いたような光景に、ある種目を疑っていた。

実物なのに、実物のように見えないのだ。
砂で出来た大小様々な山々。照りつける太陽に反射するかのようにオレンジ色に輝く。

一面 砂漠。
目に映るものは、砂しかないのだ。

再びだ。この言葉に出来ない気持ち。
「ヤバイ」の一言で片付けられるのであれば、どれだけ楽なことか。

「砂漠」という自然の偉大さに息を飲んだ。
それは、ヨルダンペトラ遺跡の「山脈」や、
メコン川に沈む「夕日」のような感覚だ。

この旅で、僕は自然からどれだけのことを学んでいるだろう。

...そこにいるのは我々6人とラクダが6頭。
ターバンを巻いたベルベル人のガイド1名だけだ。

たまにラクダの糞にフンコロガシが寄ってくるのが目に見えた。

ラクダは砂漠の上は非常に安定した乗り心地だ。しかし時折、砂漠の、その自由な形にラクダとて簡単に歩けないように思えた。

そうそう、ここ”サハラ砂漠”は、
僕がこの旅に出たときに持っていた2冊の小説。「星の王子さま」と「アルキメスト」の舞台なのだ。

「アルキメスト」...
スペインの少年サンチャゴが、モロッコからサハラ砂漠を渡りピラミッドの下に隠されている”あるかどうか分からない宝”を探しに「自身の運命」や「宿命」に立ち向かいながら、エジプトまで旅をするというもの。

星の王子さま」...
サハラ砂漠に不時着したパイロットが、星の王子さまと出会い。人生で一番大切なものを思い出す話。


僕は大好きな2つの小説を思い出しながら、ラクダに揺れていた。


...1時間半ほどだろうか。
宿を出発し、ラクダに乗り、照りつける太陽の中、延々とキャンプ地へ向かう。

僕を含め6人の旅人の口数もだいぶ減った。
そんな中、僕は砂漠の偉大さに感動し、
心の中で「僕の好きな”自然”ランキング」というのを考えていた。

1位は、圧倒的に「夕日」だ。

世界のどこで見ても綺麗な夕日。
しかしその美しさにも個人的な評価が加算される。美しければ美しいほど、日々の疲れが癒される。

”夕日を眺める心の余裕が出来た”これだけでも、この旅に出た甲斐があるような気がする。

2位に、「夜空の星々」

そして、3位に今回初めて出会った「砂漠」がランクインした。

そんなことを考えながら、物思いにふけていると、キャンプ地がポツンと見えた。

そして、我に返った。
「大好きな自然ランキング」なんてことを考えている自分は、”紛れもなく”生きていた。

そして僕は本当に自然が、生きることが、
好きな人間だと感じた。

東京にいた頃は、こんなランキングなんぞ
考えもしなかった。僕はこの地球で、息を吸って、風を感じて、生きているのだ。
その言葉だけで、その全てを感じれることが出来るようになっていた。


...目的地に到着し、しばらくすると夕日が沈み始めた。どんなに遠くまで眺めても、砂漠以外の物は目に入らなかった。地平線を”ただただ”眺める数分は、非常に心地の良いもので、心の中にある”容量”のようなものが(人はこれを器と呼ぶ)の空きスペースが、少しだけ。また少しだけ、広がった気がした。

このとき何故だか、ホロリと涙が垂れた。
それはきっと、あまりにも美しすぎてだろう。
僕には、この”光景を見せたい人”がいる。
そう、世界の果てで思えることを幸せに感じた。

気付くと、1番星が宇宙の隅っこで輝き始めた。
そして日は完全に沈み、あたり一面 暗闇に包まれた。


...日が落ち、一気に涼しくなり、みんなテントに戻った。

そして、テントの中で モロッコ料理”タジン鍋”を食べた。鍋の蓋を開けると、もくもくっと立ち上がる湯気、そしてとてもいい匂いがした。アツアツの鍋に、ジャガイモや鶏肉がゴロゴロ入って、一緒に出てきたパンと一緒にお腹いっぱい食べた。

薄暗いテントで、卓を囲んで食べたタジン鍋
なんだか小学生の頃のキャンプを思い出すな。

いっとき忘れかけていた”無邪気な笑顔”。
それは、いつまでも「子供」ということだけでなく、”未完成”という意味の”無邪気さ”。

旅に出た僕は、自然とこの”無邪気さ”を取り戻しているような気がする。

僕はより一層幸せな気分に満ち溢れた。”懐かしい”と思える気持ち。”無邪気”な。これから、何が起こるんだろうって、わくわく、どきどきする感じ。僕はこの感情が大好きだ。


タジンを食べ終えテントから出ると、
夜空には満遍なく”星”が散らばっていた。

今度は、どこまで観たって星しかない。
まるで自分が宇宙にいるみたいに。

こんな「夜空」観たことない。
僕が知ってる夜空じゃない。なんと言っていいか、言葉に出来ないもどかしさが再び僕を襲う。とにかく、僕ら人間には絶対に”表現”出来ない空がそこにはある。

僕らは夜空に見惚れながらも、火を囲んだ。

太鼓の音色と共に歌われるモロッコの民謡。

時より竹が炎の中で割れパチパチと鳴る。

その音が太鼓の音色と、砂漠の静けさに混じり合い、独特な雰囲気に酔ってしまう。

夜空を見上げると、数え切れないほどの星々。


数分に1度流れる流れ星に、僕は、僕らは、それぞれの願いを夢見た。

あまりにも美しい夜だった。

...星の王子さまは教えてくれた。
「本当に大切なものは、目には見えないんだよ」と。

...サンチャゴ(アルキメスト)は教えてくれた。
「少年は風の自由さを羨ましく思った。そして自分も同じ自由を手に入れることができるはずだと思った。自分をしばっているのは自分だけだった。」と。


長きに渡りついていた火が消え、
ベルベル人の歌う民謡も終え、砂漠が暗闇に包まれた。見上げれば、何千、何万という巨大パノラマ。

その静けさに”孤独”さえも覚えた。
まるで、世界が僕1人だけになったかのように静かだった。

静けさ故に、「自分という人間」をいろんな方向から見つめ直せた。

「星が綺麗な夜だった」だけではあまりにも、言葉足らずな夜だった。


...朝になり テントで目をさますと、その寒さに、その静けさに、驚いた。
そしてまだまだ薄暗いが、間もなくといったところだろうか。日が上がりそうだ。

裸足で歩けた砂漠の砂は冷たく、とても砂漠で歩ける様子ではない。

再び砂の上に立つと、周囲の景色が変わっていることにも驚いた。
昨日登った砂山の形が大きく変わっているではないか。

この”未完成の美”というものを、砂漠は持っている。見渡して、1番高い砂山に登り、朝日を待った。

まるでスキー場に来てしまったかのような寒さの中、黙々と朝日を待った。

「日が出る」前が1番寒く。1番暗い。
しかし、必ず朝日は上がるのだ。何度沈んでも、必ず上がり、輝く朝日は、まるで人生の手本のように感じた。


そうこうしているうちに、
この日最初の朝日がサハラ砂漠に上がった。

とても暖かく、「生きている」ことを感じた。
まるで大切な誰かに抱きしめられているかのように、生き返った。


僕は、分かった。ようやく。
ようやく少しだけ、”自分”という人間が分かってきた。何が好きなのか。だったり、どんなタイプなのかってこと。

今まで分かった気になっていただけであった。
ようやく”自分の足元”が見えてきた。

日本が真ん中になったとき、最西端に位置する国。モロッコ。旅に出て約7ヶ月。

世界の果てまで来て、分かったことは、
「自分の足元」だった。


僕は知っている。
夜空を見上げる幸せを。
砂漠の静けさを。
そして、太陽の暖かさを。