読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姉と旅したヨーロッパ ダイジェスト前半〜ドイツ・イタリア・ノルウェーへ!〜

8月上旬。その計画は僕がタイにいた頃から秘密裏に動いていた...

姉「かずき、アルペンスキーの本場の世界見てみたい??」

僕「ぜひ連れてってほしい!僕も記事書きたい!こんな経験、お互い一生に一度だよ!!」

姉「そうだね。
お互い一生に一度だけかね。

まずは10月まではお互いのためにお互いの役になるための努力をしよう。

11月以降から予定しているので、それまでは自分のやりたいように、それからはかずきの為にも私の役に立てるような働きをしてもらうので宜しくね。」


という約束をした。

僕のことをよく知らない方もいるだろうから、少しだけ姉について、また僕について説明させていただく!

僕の姉は、アルペンスキー女子日本代表として、長きに渡り日本のスキー界の最高峰に近い位置に君臨している。

今はナショナルチームというカテゴリーに属していないが、ワールドカップやヨーロッパカップ、世界選手権に”日本代表”として、出場し、
日の丸を背負い世界と戦っている。

一方、僕の方もアルペンスキーをしており、
姉には全く及ばなかったが、なんとか大学はスポーツ推薦で入れたレベルだ。

もちろん、去年度に選手として引退している。この写真はわたし。笑
(詳しくは僕の出発前のブログ見てね。ホームページから飛べるよ。)

タイでの連絡があり、4ヶ月。
姉はもちろんトレーニングにトレーニングを積み、
一方、僕の方もライターとしての力をメキメキと付けていった。

僕の中に、
「何事もマメな奴は最強説」ってのがある。
どんなに旅疲れしていても、マメに行動し続けていた。
ある種、SNSを更新し続けることも、そのマメさが必要なのだ。

Tabippoのライターとしての記事も30を超え、
ブログのアクセスも月に3万人。
”世界を旅している”ということが、それなりに世間に届くようにはなった。


「ここでスイッチを押す。」カチッ


クラウドファンディングを立ち上げたのだっ!

もともと僕らの課題はめちゃくちゃに多かった。
まず、資金面の問題。

特に僕の方。東南アジアでは、1日1000円を目安に考えてたビンボーバックパッカーにとって、ヨーロッパでの生活はクソほど痛手。

サポートどころか、生活すらできねぇー!!

そして次に、
「さて、ヨーロッパでどうする?」ということ。
今までの旅を見てきてくれた皆さんならお分かりだろう。
美しい街の風景や、ホッペタも落ちるほどの料理。
「まぁ素敵♡」と思うような観光地に、僕がひとりで、大金叩いて、いわゆる”旅行”をするだろうか。



しない。



僕は、泥臭くても、失敗しても、
若者らしく、それを成功につなげる、
一生忘れられないような旅がしたいのだ。

だったら、ヨーロッパ中をサポート、そしてライターの記事を書きながら旅すること。
それも、世界最高峰に近いところでできる。

僕にしかできない旅。
清澤 恵美子というスーパースターの弟に生まれたからこそ、出来る価値のある旅。

これをしてやろうじゃないのってことで、
とにかく姉とタッグを組んだ。

そして、「クラウドファンディング」の目標資金60万円を多くの方に支援していただき、
ご存知の方も多いかと思うが、ものすごい価値のある内容の”リザルトの奥にある声”をFacebookのページにて展開した。

だって、”結果”が全てのスポーツの世界。
観客は勝敗だけを見たがるが、選手の方はたまったもんじゃない。
では、負けてる人間にドラマはないのか。

いや必ずある。ドラマは誰にでもある。
目に見えてるものが全てではない。最高峰に君臨してれば必ず非常に濃い”リザルトの奥側”というものがある。

それをパドロン(支援してくれた方々)に伝えるのが、僕の役目。スキーの素晴らしさを伝えるのが、この時期の僕の仕事。だったわけだ。

それも、先に話をしてしまうと、
姉はこの後「世界選手権の切符」をしっかり手に入れる。

ヨーロッパカップという世界規模の大会で、
25位に2度入る。それって、簡単なことじゃないし、姉自身2度目。4年ぶりの世界選手権出場。そして、自己ベストとなるヨーロッパカップ9位...。

そんな成績も出てしまってるバックグラウンドを紹介できた。パドロンの皆さんは、ものすごい価値を感じ、僕が言うのは何だが、いわゆる投資で大成功したってわけだ。


そもそもシンプルに「クラウドファンディング」をやってみたかった。

だって、カッコイイじゃない。
自分の夢に多くの人が賛同してくれて、支援してくれて。

男のロマンなところがあるよね。特に学生のうちに出来たっていうことに価値がある。
それも、旅の途中に。

よく旅をする前に、クラウドファンディングをしてお金を集める旅人がいる。例えば、ひとつの特技で世界を回りたい。こういった目的がある。ということに。

それで成功するのは、”主役”の位置にいて、自分を中心にクラウドファンディングしたいと思うだろう。

一方、サポート兼ライターをする僕。
それって”脇役”だって思われがちなのよ。どーしても。部活動のマネージャーみたいなもんでね。

でもこうやって、「自分がしたいこと」を大きな声を出して、発言して、それに応援&賛同してくれる人がたくさん現れる。

それで、「人生の主役は”自分”」ということに気付けた。

そこが、普通のカメラマンやライターとの大きな違いだと思う。
カメラマンやライターって、やっぱりカッコイイ仕事をしてるんだけど、意識的には裏舞台な仕事で、あくまでも主役は俳優さんや、取材をしてる側なんだよね。

しかし、この旅を通して学んだこと。
ほら、少し前にも言ったけど、「表裏一体」ってこと。表の裏は「裏」だけど、「裏の裏」は”表”。

どうやったら、「裏」が「表」になるのか。
簡単である。

自分が「表」だと思い込むこと。
そこだ。そこに、再びブランディングというものが絡んでくる。

自分の中の”自分”という人間に、しっかり”ブランド”を持つ。そのブランドを育てるために、メキメキと行動する。ということにも繋がる。

しかし、人はこのブランドを「変」とか、変わってるね。とか、「個性的」という表現をする。良い例がきゃりーぱみゅぱみゅである。

さてさて、セルフブランディングの話はまた今度にして、旅の内容を話していきましょう!!


17:00 ドイツ・ミューヘン集合で!
そんなメッセージを受け取る姉弟は、そうそういないだろう。笑


ロンドンから離れ、姉と合流!
先日 クリアしましたクラウドファンディングのお金を使って、ヨーロッパの山々を駆け巡ります!!

スキーに、翻訳に、サポートに、記事執筆に、プロモーション活動にと、大忙しのひと月!

清澤姉弟の力で乗り越えて行きますので、どうぞ応援よろしくお願いします!!

ということから、18カ国目ドイツ!
その足ですぐに19カ国目イタリアにドライブするんだけど、先にドイツ・ミューヘンの話します!

この時期のドイツといえば「クリスマスマーケット」
.
どこを見回しても幸せそうな人たちばかりで、土曜日の今日はとても賑わってました!

歩いていると、どこからでも香るグリューワインの甘い香りに、バグパイプのクリスマスソング。
すれ違う人々は、登山用のブーツがよく似合うあごひげの生えた人ばかり!

少し肌寒いなかでのこの雰囲気は、まさに”ドイツ”

ドイツ・ミュンヘンにあるマリエン広場。
この時期は、クリスマスマーケットで賑わってる!大きなツリーはいつまでも見てられる!

本当はオクトーバーフェストの時に来ようとしてたドイツ!この時期もすごく良い!!

でもって、19カ国目 イタリア!
モングエルフォ=テシド!後ろに聳え立つは”ドロミテ山脈”

この山脈沿いに、WC杯で有名な”アルタバディア”があります!

ヨーロッパに来ると、多くのサッカー好きの旅人が、スペイン辺りでサッカー観戦するだろう。僕はサッカーは、にわかなのだが、
例えるとなると、サッカーファンがFCミラン時の本田のサポートをする的な感じだ。どうだろう、すごくない?テンション上がらない?笑


その後”FIS レース”の舞台、
「プモン」へやってきました。

霧の濃い中、ヨーロッパならではの迫力のある山脈を横目に3時間ほどのドライブ。

小学生の頃から海外遠征に訪れていた僕にとって、こういったヨーロッパの山々は見慣れていたんだけど、地球を半周してから訪れるこの場所の景色は、またひとつ感じるものが違う。

→この気付きから、Tabippoの「旅は僕らの感性を磨いてくれる」をひらめく。
ぜひ読んでみてください。

東南アジア、中央アジアオセアニアアラブ諸国、アフリカ大陸を抜け、ヨーロッパに入り、

バルセロナ、パリ、ロンドンと都会ばかり訪れていた僕にとって、今見ている景色は再び僕をワクワクさせた。

そして、11月20日。
お姉ちゃん33歳(強調)お誕生日おめでとう!

だんだんお母さんに似てきたね!笑
そうそう、我が家の母といえば...

2016年。還暦を迎えたことをキッカケに、母が始めた”マラソン”

このタイミングで「ホノルルマラソン」出場!
42.195km 自身”初”となるフルマラソン
目標は「サブフォー(4時間以内に完走)」!

俺の周りには「時間」とか「年齢」とかそーゆーこと、言い訳しないで挑戦するチャレンジャーばかりだから、俺だって色んなことやってみたいって思うんだよね!!

すげぇー自分勝手な家族だけど、
ひとりひとり自分の人生楽しんでるっ!
いつだってチャレンジャー!!

個人的には「もう◯歳だから始めるのは遅い」ってのは、ないと思ってて、


だって、10年後20年後の自分からしたら、
今はめちゃ若いわけでしょ⁇
現に22歳になって、ようやく英語を勉強しようって思って始めたり、世界に飛び出してみたり!

42歳の俺が間違いなく「20年前の俺!アッパレ!」って思ってるはず!

って考えると、
今日は”これからの人生”で1番若い日。
なんだって始めれるはず。

10年後20年後の自分が「よくやった!」と思えるように、今すぐ”行動”!何でもいいからやってみる。


イタリア・フェルダースの後、ドイツから、ノルウェーオスロへ飛んだ。

ドイツからの移動では...

今まで格安航空券ばかり使っていたのに、
ルフトハンザ!ファーストクラスラウンジ!!

な、なんだこの世界!まだまだ僕の知らない世界は広い。

スキーヤーの年間費を聞くと、僕の計算では世界3周、、いや4周出来てしまう、

スキーはお金のかかるスポーツだ。マジで。

世界一周20ヶ国目 ノルウェー

ついに北欧までやって来た!!

真ん中の文字 見えます⁉︎
「Europe CUP 日本代表」

”Europe Cup”とは、”World Cup”のひとつ下のカテゴリーの大会で、世界中から選手が集まるのだ!
代表選手の泊まる宿はやっぱり凄い!食事も素晴らしいし、ホテルもすごい!ジムやプール、バーやボーリング場まで付いている‼︎‼︎笑

7ヶ月間バックパッカーとして貧乏旅をして、

東南アジアでは1泊500円ほどのドミトリーを探し、

多いときは、1部屋30人部屋(マレーシア・ペナン)の安宿に宿泊し、

1日の予算は1000円だった僕が...

こんな宿に泊まれるなんて夢でも見ているようだ。

※スペイン・バルセロナでも1泊10ユーロの宿に泊まっていました。笑



自分は選手としてこの場所に来ることは出来なかったけど、代表スタッフ、ライターとして最高のサポート&記事を書いていこう。

個人レベルで出来ることであれば、なんだって、趣味でも特技でも、全力投球すれば物語は良い方に進む!!

そして、これがかの有名な村上春樹ノルウェーの森」(笑)

高校生の頃、仲よかった国語の先生がノルウェーの森大好きで、よくその話してたなぁ、

元気かな。中先生。噂では僕のブログを読んでくれてるそうだけど!

中先生は、俺たちの卒業と一緒に定年退職した。その後、中国で日本語の先生になったそうで、見た目はツルピカのハゲで、背が高くて、おじいちゃんかと思いきや、めちゃくちゃ頭キレてて、バイク乗りで、アラスカに行きたいって言ってたっけなー。

中先生のお陰で、文書を書く面白さを知れて、
俺は文学部を志望したんだよな。でもって今はライターしてる。

あの頃の「創作国語」や「国語表現」っていう授業は俺にとってかけがえのない時間だった。


行動することに、「無意味」なことなんてない。「結果」ってのは、いつでも決まって後から付いてくるんだよ。

俺は知っている。今あるベストを辞めなければ、「結果」はいくらでも付いてくる。


ダイジェスト後半へつづく!!!